ニュース

『ネット炎上の研究』の著者・山口真一氏にコラムを寄稿いただきました

約2万人を対象に行った調査・統計分析によるとネット炎上に加担している人は約0.5%という研究結果をご存知でしょうか。

これは、ネット炎上は200人に1人の割合でごく少数の人の書き込みから成り立っていることを意味します。 では、炎上は些末な現象として無視してよいのでしょうか。 放置してしまうと企業の売上や株価に大きな影響を与えることがあります。 

この実証分析を行った国際大学の山口真一氏に 『ネット炎上加担研究から見る企業事例とネット炎上の予防対策』 と題したコラムを弊社にご寄稿いただきましたので、ぜひ企業の炎上事例をふまえつつ、企業のインターネット活用における炎上の予防策と発生時の対策についてご参考にしてください。