Googleマイビジネス

【Googleマイビジネス】ストリートビュー機能とは?編集方法から集客効果までご紹介します

【Googleマイビジネス】ストリートビューの編集方法から集客までご紹介

みなさんはストリートビュー機能はご存知でしょうか?

ストリートビューは店舗の外観や内観を360°パノラマで見渡すことができるサービスです。

実際にユーザーがその店舗に訪れたかのように自由に店内を見ることができるため、お店選びの際などに有効な手段となります。

またストリートビューをきちんと掲載している店舗はMEO対策や集客効果にも高い効果が見込めます。

是非この記事を読んで集客に強い店舗づくりを目指しましょう!

問い合わせフォーム

Googleストリートビューとは

Googleストリートビューとは

Googleストリートビューは冒頭でもご説明したとおり、店舗の様子を360°パノラマで見ることができるサービスです。

外観や内観の他にも、ルート情報もストリートビューで見ることができるため、お店の行き方を調べたい、店内の様子を知りたいなどのユーザーの疑問点を解消できるサービスとも言えます。

ストリートビューが追加される仕組み

そういえば撮影した覚えがないのに、気づいたらお店の様子がストリートビューに登録されていた…という店舗も多いのではないでしょうか?

理由として以下が考えられます。

①Googleが撮影したストリートビューが追加されている
Googleは「世界中の様々な情報を集約し、ユーザーに最適な情報を提供する」をモットーに、実際に世界中の土地や、道を日々撮影しています。

Googleが撮影した情報と店舗の場所が地図上で一致すると、Google側が自動的に撮影したストリートビューをマイビジネスに追加する仕組みとなっています。

Googleが撮影したストリートビューには、以下のとおり「Google 」と表記されます。

Googleストリートビュー

②一般の方が撮影したストリートビューが追加されている
ストリートビューは一般の方でも一定の基準を満たせば投稿することが可能です。

一般ユーザーが投稿した場合のストリートビューには、以下のとおり「ユーザー名」が表示されます。

Googleストリートビュー

ストリートビューの編集方法

ストリートビューの編集方法とは

ストリートビューの編集方法をご紹介します。

事前にチェック

ビジネスオーナーの確認
返信を行う前に、マイビジネスにオーナー登録がされているか確認をしましょう。

オーナー登録がされていないと自由にマイビジネスが使えず、ストリートビューの編集もすることができません。

登録がまだできていない店舗は以下の手順でオーナー登録を行いましょう。

https://support.google.com/business/answer/6300716?hl=ja

 

登録されているストリートビューが店舗の位置情報とズレている場合

①Googleマイビジネスにログインし、左の「情報」タブをクリックします。

ストリートビュー編集方法

②中央の住所情報をクリックし、編集します。

ストリートビュー編集方法

③地図内のピンの位置を正しい位置に修正すれば、編集完了です。

※反映には一定の時間がかかります。

ストリートビュー編集方法

登録されているストリートビューが店舗の情報と異なる場合

■Googleマイビジネスから編集
①Googleマイビジネスにログインし、左の「写真」タブをクリックします。

ストリートビュー編集方法
②画面上部の、「外観」または「360」をクリックします。

ストリートビュー編集方法
右上の旗マークをクリックします。

ストリートビュー編集方法
④下記の画面が表示されるので、以下の赤枠部分を記載して、送信すれば完了です。

ストリートビュー編集方法

■Googleマップから変更申請をする
①Googleマップから店舗情報を表示させます。

ストリートビュー編集方法

②「ストリートビューと360°」をクリックし、申請したい写真を選んだら右上の旗マークをクリックします。

ストリートビュー編集方法

③下記画面が表示されるので赤枠部分を記載して、送信すれば完了です。

ストリートビュー編集方法

ストリートビューの撮影方法

ストリートビューの撮影方法

ストリートビューは編集しても反映するまで時間が一定数かかります。

自分で追加する方が、Googleの変更を待つより比較的早く反映されることもあります。

そのため早くストリートビューを修正したい場合は、自分で撮影し追加するのも良いでしょう。

以下、ご紹介します。

アプリを使用する

ストリートビューは専用アプリでも撮影することができます。

アプリダウンロードすれば誰でも簡単に撮影ができるので、まずは手軽に始めてみたいという方にオススメです。

専用カメラを使用する

専用カメラを使用するとアプリよりも、より綺麗に撮ることができます。

種類も様々ですので、用途に併せてこちらも使ってみると良いでしょう。

https://www.google.com/intl/ja/streetview/contacts-tools/

認定フォトグラファーに依頼する

自分で撮影するのにやはり不安がある方や、できるだけ高画質で見やすいものにしたいという方は、認定フォトグラファーに依頼してみてみるのも良いでしょう。

ユーザーからも、綺麗で見やすい写真が登録されている方が、より店内の様子や位置情報が理解しやすく来店のイメージが持ちやすくなるため集客にも効果的です。

認定フォトグラファーとは

認定フォトグラファーは以下の条件に当てはまる撮影者のことを指します。

・ストリートビュー認定バッジの取得者
・公開している 360° 写真の 50 枚が承認を受けている
・認定フォトグラファーとして Google のリストに登録されている
・認定を受けたブランド アセットを宣伝目的で使用する権利が付与されている

是非有効にストリートビューを使って集客したいという方は、以下のリンクから検索して依頼してみましょう。
https://www.google.com/intl/ja/streetview/business/

ストリートビューのメリット

ストリートビューのメリット

ストリートビューを使うことで実際にどのようなメリットがあるのか、いまいち分からない方も多いのではないでしょうか。

以下、ご説明します。

店舗情報が伝わりやすい

店舗の内観や外観、行き方が分からないと、来店やお店の予約もしづらくなってしまいますよね。

反対にストリートビューで360°お店の様子が見渡せるようになれば、お客様も安心してご来店いただきやすくなります。

特に狭くて見つけにくい場所にある店舗などは効果的でしょう。

店舗の特徴や魅力をアピールしやすい

ストリートビューを利用することで、文字や写真だけでは伝わらない店舗の特徴や魅力をお客様にアピールしやすくなります。

実際に来店しているかのように店内を見渡すことができるので、店舗の特徴をリアルに体感してもらいやすくなるでしょう。

目的やニーズにあったお客様を集客しやすい

ストリートビューによって、駅までの近さや、席の広さ、個室の有無などが確認ができるため、お客様のお店選びの際にとても参考になります。

それぞれの重要視する部分や、利用目的は異なるため、事前にストリートビューで店内の様子を確認しておけば、来店していただいた後もお客様のギャップも少なくご来店いただけるでしょう。

MEO対策に有効

ストリートビューをきちんと設定しておくことで、Googleからの評価もあがりMEO対策にも有利になります。

MEO対策とは

ユーザーが「地域名+業種・業態」で検索した際に、対象の店舗をGoogleマップ上の上位3枠に上位化させる施策です。

MEOは上位化させることで店舗自体のブランディングや、マイビジネス内のアクション数(ルート検索・電話・経路案内)を増やし、集客につなげることができます。

Googleは、ユーザーに価値ある情報を発信する事がモットーとして置かれているため、ストリートビュー以外にも、マイビジネス内の情報を充実させることで、Googleから評価されやすくなり、マップ上にも上位化しやすくなります。

マイビジネス内の機能を連動させて情報発信やお客様とのコミュニケーションをはかる事で集客力UPに繋がり、来店や予約の決め手につながります。

マイビジネスを利用している店舗であれば、MEO対策はマストで行うと良いでしょう。

もっとMEO対策について知りたいという方は以下の記事を参考にしてみてください。

MEO対策とは?上位表示のメリットや方法を詳しく解説!
MEO対策とは?上位表示のメリットや方法を詳しく解説!MEO対策とは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称で、Google Mapsでの検索順位向上を目的とした施策です。言葉自体はよく耳にするようになりましたが、実際にどのような対策を行い、どういった効果が期待できるのか、詳しくわからない方向けの記事です。...
MEO対策に時間を割くのが難しい方は

なかにはMEO対策やマイビジネスを管理するのに、「なかなか時間が割けない」「店舗運営で精一杯で活用できていない」という方も多いでしょう。

そんな方は運営代行のプロに頼んでみるのも一つ手です。

Googleマイビジネスの写真やストリートビューでMEO対策を行うには、適切な知識と経験が必要になります。

プロに任せてしまえば、さらに労力や時間を使うことなく、成果が期待できるのでおすすめです。

ストリートビュー機能の掲載ポイント

ストリートビュー機能の掲載ポイント

ストリートビュー機能を掲載する際のポイントをご紹介します。

外観・内観ともに掲載する

ストリートビューは外観だけ、内観だけではなく両方とも掲載しておきましょう。

「外観は見れるけど、店内の様子が見れないから今回は来店するのやめよう…」などと、お客様の離脱を防ぐためにも、両方の登録はマストで行いましょう。

外観写真は定期的に更新をする

登録されている外観の写真は、周囲の建物や環境の変化があった際には更新をしましょう。

お店までのルートをストリートビューを使って来店されるお客様にとって、登録されている写真と実際の周囲の様子が違うと、店舗がなかなか見つけづらくなってしまい、離脱やクレームにも繋がってしまいます。

これを防ぐためにもこまめにチェックを行い、登録されている外観の写真に変化があった際は更新を行いましょう。

ストリートビューを使って集客に繋げる

ストリートビューを使って集客に繋げる

マイビジネスは総合的に活用していくことで、お客様とのコミュニケーション図れることができるだけでなく、来店や予約の決め手にもつながります。

その中でもストリートビューは店舗の情報発信や、集客に繋げるために有効な手段の1つです。

是非、ストリートビューも活用してお客様を集客していきましょう!

MEO対策で効率よく店舗に集客しませんか?
1600店舗に選ばれたMEO対策

Googleマイビジネスを最適化するMEO対策は、コストパフォーマンスが良く、効果の出やすい集客施策です。

独自のノウハウを元に、集客に繋がるキーワードのご提案から、Googleマイビジネスの運用コンサルティングまでご対応いたします。

クリニックや飲食店など、多種多様な業種、立地で成果を出し、多くのお客様からご好評いただいているサービスです。