Googleマイビジネス

【脱毛サロンの集客でお困りの方に】失敗しない集客術をご紹介します!

脱毛サロンの集客方法

最近の脱毛サロンは、若い世代から男性まで、年齢や性別関係なしに多くの方に利用されています。

それに伴い、年々脱毛サロンの数も増加し、今や飽和状態ともいえるでしょう。

そんな中で、「大手サロンに負けないくらいの集客をするにはどうしたらいいのか…」「そもそも集客って何からはじめるのが良いのか…」とお悩みの経営者さんも多いのではないでしょうか。

今回は、現在脱毛サロンを経営されている方、これから開業を考えている方などに向けて、失敗しない脱毛サロンの集客術をご紹介します!

問い合わせフォーム

脱毛サロンが失敗しがちな事例

脱毛サロンの失敗事例

まず最初に、脱毛サロンが陥りがちな失敗例をご紹介します。

ここを間違えてしまうと、なかなか集客につなげていくのが難しくなってしまいます。

特に今から脱毛サロンの開業を考えている方は注意しましょう!

開業場所の選定

開業地は、集客を考えるなかでは基本であり、とても重要な要素です。

どのような人をターゲットにしたいかにもよりますが、アクセスの悪い場所や、人通りの少ない場所、施術スペースが狭い場所などは避けるのが無難でしょう。

(開業)資金の問題

最初に理想ばかりを追い求め、内装費や家賃、人件費などをかけすぎてしまうと、その後の資金繰りが厳しくなってしまいます。

さらに集客、売り上げがあがらなければ、その他の運営資金を必然的に削るしかなくなってしまいます。

資金不足にならないよう、事前に余裕をもった資金調達を行いましょう。

価格設定が間違えている

価格の設定はとても重要です。

特に大手サロンや、金額の安いサロンに張り合おうとすると利益率も悪くなり、その分多くの人を集客しなければいけません。

もちろん、お客様にとっては安いサロンに1つ魅力を感じることもありますが、価格だけで勝負するよりも、適正な価格の中でお客様を満足させられるサービスの向上・リピーターを増やしていくことを目指すのが良いでしょう。

サロンの情報量が少ない

このサロンが気になっているのに「基本的な情報がない」、「知りたい情報がのっていない…」となってしまうと、ユーザーも安心して利用することができません。

お客様が他の店舗へと移らないよう、サロンの情報掲載はとても重要です。

コンセプト、ターゲットが不明確

サロンのコンセプトや、ターゲットが分からないと、どのような集客をすべきなのか知ることができません。

自店舗の特徴や強み、ターゲットをどこに設定するのかをまずは考えみましょう。

脱毛器選びのミス

こちらも脱毛サロンでよく起こる失敗例です。

脱毛器にも様々な種類や特徴があります。

またサロンのコンセプトや、治療方法によって光脱毛、レーザー脱毛、またはニードル脱毛かなど、様々な選択肢があります。

安く済ませようとして中古の脱毛器や、治療法に合わない脱毛器選んでしまうと、買い替えが必要になったりと余計な出費になってしまう可能性があります。

失敗しないためのポイント

失敗しないためのポイント

では、先ほどご紹介した失敗例が起きないためにはどうしたらいいのでしょうか。

以下、解説します。

開業場所は自分の目でしっかりと確認しておく

特に以下の点は必ずチェックしておきましょう。

  • 交通の便が悪くないか
  • 家賃は予算に見合っているか
  • 見つけにくい場所ではないか
  • 機材などおける十分な広さがあるか
  • 建物の年数や管理状況はどうか
  • 建物や周辺の地域の衛生環境はどうか

余裕をもった資金調達をする

通常、脱毛サロンを開業するのに200万~300万ほどかかるといわれています。

経営が軌道にのるまでは、思わぬ出費によって苦しまれることがないよう、初期費用や固定費は最小限に抑えて、資金繰りを調整していきましょう。

【例】

  • 銀行からの融資、助成金の活用
  • 業務用脱毛器はレンタルする
  • テナントではなく、マンションの一室を借りる

サロンの基本的な情報掲載はマスト

所在地や治療方法、価格など基本的な情報が漏れていないかまずはチェックしましょう。

またそれらを発信するための、ホームページ作成や、SNS投稿、Googleマイビジネスの登録は必ず行うことをおすすめします。

サロンの特徴やコンセプトは明確にする

今や飽和状態の脱毛サロンは、それぞれがどのような特徴・強みがあるのかを理解していないと、サロンコンセプトはもちろん、どのようなお客様をターゲットにすれば良いか分かりません。

以下のようなかたちで洗い出しみましょう。

【例】

  • アクセスや立地
  • 営業時間
  • スタッフの人数
  • サロンの設備
  • 専門性
  • 施術方法/時間
  • 予約/決済方法
  • 施術メニューetc.

脱毛器は慎重に選ぶ

脱毛器は、サロンコンセプトや、年齢や性別、売り上げ目標などを明確にしておくと、必要な機能や機種が分かりやすくなります。

例えば、最近増加しているメンズ脱毛をはじめようとしているサロンでは、男性の太くて濃い毛にも効果があるような、出力の高い業務用脱毛器を選択する、短い施術時間でたくさんのお客様を対応したいという場合には、連射式の業務用脱毛器を選ぶなど、ターゲットや目標によって慎重に選ぶと良いでしょう。

顧客属性・ターゲットに合わせた宣伝をする

お客様といっても、新規のお客様・既存のお客様などの属性よって宣伝方法や集客方法は異なります。

またその中でも、サロンによってターゲットも変わってくるため、他がやっている集客方法をそのままマネすれば良いということはありません。

具体的な戦略や方法は、次からの章でご説明します。

脱毛サロンが取り入れるべき集客方法

脱毛サロンがすべき集客方法

ここからは、具体的な集客方法をご紹介します。

オフライン集客

オフラインでの集客は、拡散性の面ではオンライン集客と比べて劣りますが、大手サロンなどではなかなかできない地域住民への直接的なアピールが可能なため、有効な集客の1つともいえるでしょう。

チラシ配布

ポスティングのように、サロン付近の世帯に配るのも良いですが、脱毛サロンの場合は、特にターゲットや年齢がある程度絞られています。

チラシ配布の際には駅付近やサロン近くの人通りの多い場所にいってみて、女性のお客様や若い世代の方中心に手配りしてみるのも良いでしょう。

フリーペーパー掲載

ホットペッパービューティーなどのフリーペーパーの掲載は、人通りの多い駅構内や、OLさんの多いオフィス街になどに設置されることも多いため、脱毛サロンの利用見込みのある方へアプローチしやすいのが特徴です。

看板の利用

看板は目につく場所に設置しておくことで、定期的に看板の前を通る人達などにアプローチできます。

設置する場合は、印象に残るようレイアウトや、雨の日や夜でも目につくように色や文字大きさを工夫するなどすると良いでしょう。

また、「看板をみてのご来店の方は〇%オフ」などと記載しておくと、看板の効果も図ることができるでしょう。

オンライン集客

サロンに限らず今や多くの方がインターネットを使って、比較検討しますよね。

今や、やらない手はないですが、全てを行うとすると予算や効果がわかりずらくなってしまいます。

以下で各対策の特徴を紹介しますので、自店舗にあった集客を行っていきましょう。

リスティング広告/SNS広告

リスティング広告とは、検索結果上に連動して表示される広告のことです。

ポータルサイトや、その他の自然検索結果よりも上位にサロンの情報を載せることができるため、高い露出度と集客効果が期待できます。

またSNS広告は、細かいターゲティングを設定して打てるため、新規顧客層に向けてのアプローチに有効です。

インフルエンサー活用

インフルエンサーを使った集客も主流になってきています。

特に、認知度や知名度をあげていきたいというサロンにとっては、影響力・発信力のある方を使って広めていくのも良いでしょう。

しかし、認知を広められるかできないかは、人選次第なところもあるため、よく考えながら検討すると良いでしょう。

SNS宣伝

高校生や女性の利用が多い脱毛サロンでは、特にInstagramでの発信が良いでしょう。

HP作成しなくとも、アカウントさせ作ってしまえばすぐに情報発信ができるため、あまり広告費を使わず集客したいサロンにでも手軽にはじめられます。

ポータルサイト掲載

脱毛サロンで有名なポータルサイトは、ホットペッパービューティーをはじめ、楽天ビューティやミニモなどが有名です。

ポータルサイトは利用者数も多いため、比較検討段階のユーザーにアプローチすのに有効です。

しかし、地域や価格、時間などを絞れるとはいえ掲載サロン数も多いため、その分自分たちのサロンが閲覧されるかが重要となってきます。

MEO対策

MEO対策とはGoogleマップを利用した集客方法で、数年前から注目されている対策です。

こちらもアカウントさえあれば、無料で情報発信、自分たちで運用することができます。

MEO対策については、後述する「大手脱毛サロンに負けないための集客術」で紹介しているので、ご覧ください。

新規顧客を獲得するための戦略

新規顧客獲得の戦略

ここからは各顧客属性に分けての集客術をご紹介します。

見込み客・潜在顧客へアプローチ

潜在顧客…自店舗のことはまだ知らないが、その商品やサービスを知れば購入や利用の可能性のある顧客。

すでにニーズを感じている顧客はもちろん、自分でも気づいていないが潜在的にニーズ抱えている顧客も含みます。

見込み客…既に自店舗の商品やサービスに興味をもっている、検討段階にいる顧客。

店舗側もその検討段階を把握できている状態。

見込み客や潜在顧客に共通していえることは、サロンの詳細や特徴が伝わらないと、なかなかアクションやクロージングに繋げにくいということです。

以下ポイントを参考にしてみましょう!

  • SNSや広告での宣伝で幅広いユーザーにアプローチ
  • ユーザーがサイトやアカウントにアクセスした際に、施術中・施術後の様子、口コミ情報など視覚でも分かりやすい情報はたくさん掲載しておく。
  • 定期的な情報発信は、一度離脱したユーザー、ペンディングになっているお客様へアピールできる。

既存顧客を獲得するための戦略

既存顧客獲得の戦略

次は、既存顧客を獲得するための戦略をご紹介します。

ロイヤルカスタマー(優良顧客)を獲得する

脱毛サロンでいうロイヤルカスタマーとは、長期契約をしてくれる人、広範囲の脱毛を希望してくれる方などを指します。

施術回数や脱毛範囲が広いほど金額も高くなります。しかし初めから、このようなお客様ばかりではありません。

最初はワキだけお試しでやってみたい、何度も通える時間はないからさくっと終わらせたいというお客様も多くいらっしゃいます。

そのような方には、無理やり高いプランを進めるのではなく、カウンセリングや施術中に他に気になっている部分はないか、一回一回の施術の効果、丁寧さなどで満足度をあげていくことで、ロイヤルカスタマーに育てていくとうようなイメージで対策していくと良いでしょう。

継続特典・紹介特典を設ける

新規特典だけで集客を行ってしまうと、その特典やクーポンを利用するだけのお客様が多くなり、リピーターには中々つながりません。

そのため、特典をつけるなら新規<既存の比重を重くしておくことで、次回の来店にも繋がりやすくなります。

ただクーポンにだけ頼っていると、特典が終了した時や、それよりも安い他店の特典があった時に利用をやめてしまう恐れがあります。

特典だけに頼らずに、施術や対応方法なども並行して力をいれるのが良いでしょう。

次回予約が取りやすい環境をつくる

特に大手サロンは、利用者や定期的な大規模キャンペーンもやることが多いため、次回の予約がなかなか取りづらいことがあります。

予約自体が取りずらいと、取りやすいサロンに移ってしまうのは必然的です。

スタッフのスケジュール上、対応が難しい場合もありますが、なるべくお客様の希望に寄り添えるよう体制は整えておきましょう。

大手脱毛サロンに負けないためのさらなる集客術

大手サロンに負けない集客戦略

脱毛サロン数が増加するなかで、市場はやはり大手サロンがほとんどを占めているのが現状です。

では、中小の脱毛サロンでは集客はすることは難しいのでしょうか?

そんなことはありません。中小サロンでも様々な工夫をすることで、勝負できます。

以下で解説していきます。

中小脱毛サロンがすべきこと

大手サロンのメリットデメリットを分析する

大手サロンに負けないためには、メリットデメリットを並べてみて、そのデメリットとなる部分を、中小サロンが補っていけば良いのです。

【メリット】
・価格が安い
・立地が良い
・スタッフの教育体制が整っている
・最新設備の完備
・衛生環境の徹底
【デメリット】
・予約が取りにくい
・臨機応変な対応がしずらい
・施術メニューのパッケージ化
・スタッフが施術のたびに変わる

露出量・認知をあげる

中小サロンがやはり大手サロンに劣ってしまう点のひとつとして、露出量や認知度があげられます。

大手サロンは莫大な広告費をかけているため、大々的に宣伝をすることができますが、中小サロンだとなかなか難しいのが現状です。

しかし、広告費をかけなくても上記で述べたような、SNSでの発信やMEO対策などで十分に露出や知名度をあげていくことは可能です。

是非一度トライしてみましょう。

来店したお客様・ユーザーとの積極的なコミュニケーションをとる

大手サロンは利用者も多いため、一人一人の対応に時間が割けないのが現状です。

またマニュアルに基づく研修が徹底されている分、その場での臨機応変な対応やコミュニケーションをしてもらいにくいという点があります。

しかし中小サロンではお客様の数が少なくなる分、一人一人のお客様とコミュニケーションを取ることができます。

値段が安いだけではなく、居心地の良さ・対応力もお客様にとって重要なポイントとなります。

施術中だけでなく、コミュニケーションはSNSやGoogleマイビジネス上でも取ることができるのでこちらも積極的に行いましょう!

MEO対策はマスト

MEO対策は先ほどご紹介したような、広告費はあまり割けないけど露出や認知度を増やしていきたい、お客様とコミュニケーションをとって集客していきたいサロンの要望を全て解決してくれます。

MEO対策とは、Googleマイビジネスを利用して、Google検索やGooglemap上でサロン情報を上位表示させていく施策です。

例えば、ユーザーが「地域名+業種・業態」(例:品川_脱毛サロン)で検索した際に、対象の医院をGoogleマップ上の上位3枠に上位化させていく施策です。

meo対策とは

Googleマイビジネスは無料で登録ができるため、MEO対策自体に費用はかかりません。

Googleマイビジネスにはサロンの詳細情報をはじめ、メニューや口コミの掲載、予約やユーザーとのメッセージなどのやりとりも可能なため、新規集客、既存集客ともに有効な対策です。

詳しい対策方法や、その他のメリットなどは以下の記事で徹底解説しているので、参考にしてみてください。

Googleマイビジネスの便利な機能一覧
Googleマイビジネスの便利な機能一覧WEB上での集客に強いGoogleマイビジネスですが、うまく活用できているでしょうか?Googleマイビジネスの機能や使い方を詳しく紹介します。...
googleマイビジネスとは 店舗集客を無料で自社完結できるツールを紹介します
Googleマイビジネスとは|店舗集客を無料で自社完結できるツールを紹介します!店舗集客を無料で自社完結できるGoogleマイビジネスについてみなさんはどこまでご存じでしょうか?昔は広告媒体や掲載サイトなどの「媒体」に頼ることが多かった店舗向けのWEB集客ですが、最近ではGoogleマップを使って店舗選びをしているユーザーが増えており、注目されています。 機能をはじめ、メリットやMEO対策などについても詳しく解説しますので、ユーザーに選ばれるGoogleマイビジネスを目指して使ってみましょう! ...

脱毛サロンはそれぞれの戦略が鍵となる

脱毛サロンは戦略が鍵となる

脱毛サロンは数多くありますが、それぞれが競合と同じ方法で集客をしていても意味がありません。

自分たちの強みや、特徴、どこをターゲットにしていきたいかで集客方法は変わります。

脱毛サロンの集客成功の鍵は、それぞれの戦略です。

今回ご紹介した対策以外にも、自分たちにあった方法だと感じれば是非、実践してみまししょう!

MEO対策で効率よく店舗に集客しませんか?
1600店舗に選ばれたMEO対策

Googleマイビジネスを最適化するMEO対策は、コストパフォーマンスが良く、効果の出やすい集客施策です。

独自のノウハウを元に、集客に繋がるキーワードのご提案から、Googleマイビジネスの運用コンサルティングまでご対応いたします。

クリニックや飲食店など、多種多様な業種、立地で成果を出し、多くのお客様からご好評いただいているサービスです。