MEO対策

不動産会社に欠かせないWEB集客法6選|選ばれるための集客術とは

不動産のWEB集客方法

不動産業界は人口の減少や経済状況などの影響を受けやすいため、時代の情勢にあった集客が求められます。

そのため「従来の集客方法ではなかなか反響が得られない…」と頭を悩ませている不動産会社も多いのではないでしょうか。

そんな方々に、まず考えてほしいのは「WEBを使った集客方法」です。

不動産情報を調べる際、ほとんどの人がインターネットを利用します。今やネットの情報によって、顧客の意思決定は左右されるといっても過言ではないでしょう。

この記事では、不動産会社にとって効果的なWEB集客法に加え、今の時代の集客に欠かせない戦略もご紹介します。

集客方法を見直したい、新しい方法を取り入れてみたいと考えている方は、是非参考にしてみてください。

問い合わせフォーム

要確認!集客がうまくいかない不動産会社の特徴

最初に、集客がうまくいかない不動産会社がしがちな特徴をご紹介します。

自分たちの不動産会社に当てはまる箇所はないか、事前に確認しておきましょう。

ターゲットのニーズとずれた情報発信をしている

ターゲットのニーズとずれた情報の発信をしていないですか?

これができていない会社は、ユーザーに興味関心を持ってもらえるどころか、欲しい情報が載っていない企業と判断されてしまう可能性があります。

例えば地域密着型と謳っているのに、実際にはその地域の物件情報が少なかったり、周辺の住環境について全く掲載していなかったり…というケースをよく見かけます。

物件を探しているユーザーは、自分が実際に住んだ時のイメージができないとなかなか行動には移せません。

しっかりとターゲットのニーズにあった情報の掲載を行いましょう。

掲載情報が古い

不動産情報は、最新であるかがとても重要です。

既に申し込みや契約が決まっている物件をいつまでも掲載していると、その後に問い合わせした方からのクレームや、ツリ物件と言われてしまう可能性があります。

会社の信用度を下げる要因にもなりかねませんので、物件情報は常に最新情報を掲載しましょう。

入店までのハードルが高い

例えば店内の様子が見えない、入りづらい雑居ビルの中に店舗がはいっていると、はじめて利用する方にとって、入店までのハードルが高くなってしまいます。

店内の様子が見えるようレイアウトを工夫したり、物理的に場所を移動するのが難しい場合は、看板を設置したりホームページに店内の様子、道順など掲載しておくと良いでしょう。

今取り入れるべきWEB集客法6選

不動産会社のWEB集客法6選

さて、ここからは不動産会社におすすめの集客方法をご紹介します。

ポータルサイト

「SUUMO」や「アットホーム」といったポータルサイトへの掲載のメリットは、たくさんのユーザーにアプローチができるということです。

現在では、まずはポータルサイトで条件にあう物件を一気に探してみるというユーザー傾向が主流になっています。

初期段階の検討ユーザーは母数も多いため、多くのユーザーにアプローチするのに有利です。

しかし、ポータルサイトは他不動産会社と同じ物件情報を扱うことが多いため、自分たちの物件に問い合わせが来るよう掲載方法の差別化が必要です。

【差別化ポイント】

  • カメラの画質がいい
  • 360°ビューで部屋全体が見渡せる
  • 動画でも物件の情報が見られる
  • 間取り、周辺地域の写真が豊富
  • 周辺の生活情報が詳しく掲載されている
  • ワンポイントアドバイス 等

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索したワードの検索結果に連動して表示される広告のことです。

リスティング広告のメリットは、すでに検索して入ってきたユーザー、言い換えればニーズが顕在化したユーザーにアプローチができることです。

そのため即効性が高く、集客したいユーザーを効率的に集客できます。

現状不動産会社は競合も多く、大手サイトの評価も高いため、なかなかホームページだけで集客するのが厳しくなっています。一度検討してみるのも良いでしょう。

不動産系のワードは、全体的に単価が高いためワードによって掲載金額が高くなります。

ある程度ワードも絞り込んだものであれば、競合も減る、かつ自分たちのターゲットにあったユーザーにアプローチできる確率が高くなります。

出稿するワードは慎重に選ぶことをおすすめします。

■複合ワードで出稿する
例)「不動産賃貸×地域名×駅近」「物件名×エリア」

■ターゲット・扱っている物件あったワードで出稿する
例)「駅名×賃貸×1K」「地域名×マンション×新築」

オウンドメディア

オウンドメディアとは自社ブログのような、独自に運用しているメディアのことです。

オウンドメディアのメリットは、ユーザーの自社サイトへの入口を増やせること、潜在層へのアプローチに有効ということです。

ブログやコラム記事を運用していれば、様々な検索キーワードから該当する記事の上位表示や流入が狙えます。

また単なる企業情報や物件情報だけを載せているだけでは、ホームページへの流入は難しいのが現状です。

サイト内で物件や土地などに関するお役立ち情報、お悩みの解決コンテンツなどを発信することで、将来見込み客になりそうな層にもアプローチしていきましょう。

SNS

SNSは最新の物件やイベント情報などを発信・拡散する他に、自社の認知拡大、ブランディングにも有効です。

最近では後者での利用が一般的になってきたため、強い売り込みと捉えられるような情報発信にならないよう注意しましょう。

【投稿例】

  • 物件のお部屋をアレンジした写真
  • 接客時の様子(オンライン・オフライン)
  • スタッフの紹介
  • 感染症予防対策の様子
  • 不動産お役立ち情報 等

YouTube

動画は文章や写真だけでは伝えきれない情報をより分かりやすく発信していくのに有効です。

特にYouTubeは誰でも無料でチャンネルを開設できるので、導入の際に特別難しい登録や作業はいりません。

ですが動画の投稿は、時間や編集技術が必要になることも多いため慣れるまでが少し大変です。

見てもらう、興味をもってもらうにはある程度の本数も必要になるため、長期的な施策と考えておくと良いでしょう。

下記のような投稿がおすすめです。

  • 企業情報や店舗・接客中の様子など自社に関する投稿
  • 賃貸申し込みから契約までの流れ、不動産購入の手順など、不動産情報に関する内容

MEO対策

MEO対策とはGoogleマップを使った集客方法です。

ユーザーが「地域名+業種」で検索した際に、対象の店舗をGoogleマップ上の上位3枠に上位化させる施策です。(下記赤枠)

MEO対策の説明

MEO対策のメリットは、上位化させることで店舗自体のブランディングや、サイトや店舗への流入につなげやすくなることです。

MEO対策は今最もおすすめする対策です。

その理由を下記の章で詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

ネット上の評判管理のカギ!GoogleMapの口コミを解説
Google Mapの口コミを完全解説│ネット上の評判管理のカギ【弁護士監修記事】GoogleMapにネガティブなクチコミが書き込まれてしまったら、どのように対応すべきでしょうか。マップ上には自由にクチコミを書き込むことが出来ますが、ネガティブな内容を投稿されると、風評被害に発展してしまいます。...

最もおすすめの対策はMEO

MEO対策とは

上記でもご紹介したとおり、MEO対策は今最もおすすめする対策です。

解説していきます。

MEOを行うべき3つの理由

MEOをはじめるべき3つの理由をご紹介します。

①手軽にはじめられる

MEO対策は、Googleアカウントがあれば誰でも無料ではじめられます。

マイビジネスがない店舗も、登録までに特別難しい作業などはありません。

自分たちで上手く運用していけば、広告費をかけずに集客ができます。

Googleマップの登録方法を解説
Googleマップの登録方法を詳しく解説!登録後のポイントもご紹介しますGoogleマップに店舗を登録したいけど方法が分からない、登録したけどどのように活用していけばいいか分からないなどとお悩みの方へ、登録方法から集客に効果的な運用のポイントまで詳しく解説していきます。 ...
②認知拡大やブランディングに有効

Googleの国内シェア率は70%以上といわれており、多くのユーザーがGoogleを利用して検索を行います。

リスティング広告枠のクリック率が約15%に対して、Googleマップ上位3枠のクリック率は約30%と言われています。

MEO対策のメリット

またGoogleマップ枠についてはクリックをしなくても、直接店舗情報が表示されるのでブランディングも有効でしょう。

参考:ローカルサービス広告クリック調査

③アクセス解析で店舗改善にも役立つ

Googleマイビジネスでは、インサイト機能という簡易的に流入解析ができる機能がついています。

インサイト機能(一部)

  • 投稿の閲覧数
  • 写真や動画の閲覧数
  • ウェブサイトのアクセス数
  • 電話での問い合わせ数
  • ルートの利用数 等

実際の投稿や写真がどれくらい閲覧されたのか、店舗に流入につながっているかなど解析ができるため、マイビジネスの活用方法や店舗改善にも役立ちます。

不動産会社が意識すべき運用ポイント

次に、マイビジネスを運用していくためのポイントをご紹介します。

①マイビジネス情報を充実させる

情報が豊富なマイビジネスほど、使いやすさの観点からGoogleやユーザーからの評価が高まり、上位表示にもつながりやすくなります。

以下の項目を参考に、きちんと網羅されているか確認しましょう。

■店舗名
■業種
■住所
■営業日/営業時間
■電話番号
■感染症予防対策情報
■ホームページURL
■写真
■最新情報
■イベント情報
■商品情報

②問い合わせまでの動線をつくる

導線は、投稿機能を使って作ることができます。

ユーザーが投稿を見てせっかく興味をもらえたとしても、その後の問い合わせ経路がない、複雑であればそのまま離脱につながってしまう可能性もあります。

以下のように、詳細ボタンを設置しておくことで、そのままホームページへ飛べたり、電話での問い合わせが可能になります。

MEO対策のポイント

動線づくりは忘れずに行いましょう。

③口コミ管理を徹底する

口コミはユーザーが店舗を選ぶ際に重要な判断材料となります。

しかし不動産会社では業界の特色上、ネガティブな書き込みがされやすい傾向があります。

ネガティブな口コミをそのまま放置していると、それを見たユーザーからの印象は良くないことは一目瞭然です。

そのためネガティブな書き込みをされた際には、一つ一つ真摯な返信を心掛けましょう。

もちろんネガティブな書き込みが書かれないよう、店舗改善に取り組むことも重要です。

Googleマイビジネスの口コミ返信方法
【Googleマイビジネス】口コミに返信していますか?意識すべきポイントと例文までご紹介しますGoogleマイビジネスの口コミはきちんと返信をすることで店舗自身の評価を高め、ユーザーとの信頼関係を築くことができます。Googleマイビジネスの口コミ返信の重要性から、様々な口コミに対する対処法、返信するうえで意識すべきことまで一気にご紹介します! ...

さらにポイント!集客に欠かせない戦略とは

不動産会社の集客戦略

ご紹介した集客方法の他にも、戦略があってこそ集客は成功します。

下記で、そのポイントをご紹介します。

営業体制に関するポイント

まずは営業体制に関するポイントです。

営業時間が長い

夜の営業時間が長いと仕事帰りにも内見をしたい人や、手続きだけ行いたい人も利用できます。

特に内見では日中だけでは分からない、夜の周辺地域の様子なども一緒に確認できるため、安心してお部屋選びをしていただけます。

定休日がない

不動産会社では一般的に定休日が水曜日の店舗が多いですが、なかには定休日のない店舗もあります。

仕事や用事の都合上、その日にしかいけないから、他の営業している店舗にしよう…と勿体ない離脱を防ぐためにも、定休日を基本的には設けないのも手です。

しかしスタッフの勤務体制にも関わる部分ですので、きちんと社内体制を整えたうえで行いましょう。

臨機応変な接客/内見対応ができる

不動産会社には、遠方からの方、妊婦さん、子連れ、ご高齢の方など幅広い方々が訪れます。

そういった方々も不自由なく利用できるかが集客をするうえで重要になります。

下記の対応があるとないとでは、利用者の幅も変わりますので取り入れてみましょう。

  • 車で内見、送迎ができる
  • オンラインで内見、契約等の手続きができる
管理物件も取り扱っている

こちらは特に仲介会社に該当しますが、管理物件を扱っている会社では契約後の対応も一環して行えるため、入居後の対応力を求めている人を集客するには重要です。

賃貸では入居後の相談やトラブルも起きやすいため、管理物件の多い会社は1つの差別化としてアピールできるでしょう。

集客方法に関するポイント

次は、集客方法に関するポイントです。

コンセプトや強みを明確にする

不動産は競合の多い業界ですので、それぞれが差別化を図るためにコンセプトや強みを明確にする必要があります。

それぞれの不動産会社によって、特化したエリアや、物件などは異なります。

その特性にあわせてコンセプトを作ったり、ターゲット層に向けた情報の発信を積極的に行い差別化を図っていきましょう。

検討フェーズに合わせた集客を行う

集客は顧客の検討フェーズに合わせて行うことも重要です。

例えば顕在層(具体的なニーズや決まっている層)に向けて集客を行うのであれば、すでに何らかのワードで検索・行動をしているので、検索結果後の集客が向いています。

検索結果後の集客:
ポータルサイト・リスティング広告・YouTube・MEO対策 等

反対に潜在層(何らかのニーズや悩みはあるが自覚していない層)に向けて集客を行うのであれば、検索・行動する前の段階での集客が向いています。

検索前の集客:
SNS運用・SNS広告・オウンドメディア 等

全ての集客、あるいは1つだけを行うだけではなく、顧客層ごとに適した集客方法を行いましょう。

口コミ評価をあげる

口コミの評価が高い、またその件数が多い店舗の方が当然ながら来店につながりやすいです。

口コミの件数が少ない店舗は、来店したお客様に投稿をしてもらうための営業体制の見直しや、工夫が必要です。

ですが投稿してもらうために金品を渡すなどの行為は、Googleのポリシー違反に該当する可能性があるため気を付けましょう。

参考:マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー|禁止および制限されているコンテンツ

時代にあった方法と戦略で選ばれる不動産会社に

時代にあった方法と戦略で選ばれる不動産会社に

今回は今の時代に適したWEB集客方法をご紹介しました。

しかし不動産会社は時代や経済の影響を受けやすい業界です。

今後も求められる方法や対策は変化することが予想されます。

それぞれの時代や情勢に適した方法と戦略で、選ばれる不動産会社を目指していきましょう。

お問い合わせはこちらから

ご要望の内容 必須

お名前 必須
会社名 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
お問い合わせ内容

お客様からお預かりした情報は、弊社からの情報提供やご回答の際にのみ使用し、
その他の目的で使用したり、無断で第三者へ提供することはございません。
個人情報および、お送りいただきました内容の秘密は厳守いたします。

MEO対策で効率よく店舗に集客しませんか?
1600店舗に選ばれたMEO対策

Googleマイビジネスを最適化するMEO対策は、コストパフォーマンスが良く、効果の出やすい集客施策です。

独自のノウハウを元に、集客に繋がるキーワードのご提案から、Googleマイビジネスの運用コンサルティングまでご対応いたします。

クリニックや飲食店など、多種多様な業種、立地で成果を出し、多くのお客様からご好評いただいているサービスです。