誹謗中傷・風評対策

検索エンジンから自分の名前や情報を削除する方法【Googleの申請手順】

検索エンジンから自分の名前を削除する

Googleなどの検索エンジンで自分の名前を検索すると、知らないサイトに自分のことが書かれていたり、画像が表示されている経験をした人は意外と多いのではないでしょうか?

今の時代はSNSで気軽に画像を投稿できますし、友人が投稿した文章が検索エンジンに紐づいて表示されることはよくあります。

表示される内容が良い内容であれば問題ありませんが、出してほしくない情報や悪口・誹謗中傷にあたる文章が表示されてしまうと、仕事にもプライベートにも悪影響が及びます。

検索エンジンに表示されている自分の名前や情報は、どのようにして削除すれば良いのか。

本記事では、削除のやり方と対処法を紹介します。

問い合わせフォーム

検索エンジンから自分の名前を削除する方法は2つ

検索エンジンから自分の情報を削除する方法

検索エンジンに表示されている自分の名前や情報を削除する方法は2つあります。

  • サイト管理者へ削除を依頼する
  • Googleへ削除リクエストを送る

自分の情報が載っているサイトに直接連絡する方法。または、検索エンジンであるGoogleに表示させないようにお願いする方法の2つです。

この2つのどちらか。または両方を活用することで検索エンジン上から情報を削除することができます。

2つの方法は具体的にどのように行えばいいのかを紹介します。

サイト管理者へ削除申請をする

サイト管理者へ削除申請

まずは自分の名前が載っているサイトを管理している人宛に、直接削除をお願いすることです。

自分の名前が書かれているサイトにお問い合わせフォームが設置されていれば、直接連絡を取り削除依頼が行えます。

サイトから名前や情報が消えると、検索エンジンにも表示されなくなるため効果的な解決方法です。

サイト管理者へ削除申請する際の必要事項と注意点も紹介しておきます。

サイト管理者へ連絡する場合の必要事項

サイト管理者へ連絡する場合に必要な項目は以下の通りです。

  • 自分の名前が書かれているページのURL
  • 削除をお願いしたい箇所・文章
  • 削除してほしい理由

サイト管理者へ連絡する際は消してほしいページや情報を明確に示し、削除して欲しい理由も記載して依頼を掛けましょう。

サイト管理者へ連絡する場合の注意点

自分で直接サイト運営者に削除依頼を行うことは、注意も必要です。

たとえば、自分に恨みを持って記事を書いているのであれば、直接連絡することで相手を刺激する可能性があります。

連絡した相手が冷静でなければ、今まで以上に問題のある投稿をすることも考えられます。

書かれている文章が名誉毀損など法的に争う余地のある内容なら、自分ではなく弁護士を通じて連絡する方が無事に解決できる場合も多いです。

表示されるサイトによっては、直接連絡しない方が好ましい場合もあると理解しましょう。

ページの削除が検索エンジンに反映されるにはタイムラグがある

サイト管理者が削除申請に応じてくれても、検索エンジンに反映されるには数週間~数か月のタイムラグがあります。

その理由は、検索エンジンは一定の期間毎にネット上の情報を集めているためで、対象のサイトを再度訪れるまで期間が空いてしまうためです、

元になるサイト自体から情報が削除されていれば、検索エンジンから消えることは確かなので、焦ることなく落ち着いて待ちましょう。

自分が管理していたサイトの可能性も

自分の名前を検索した時に表示されるサイトは、自分が過去に管理していたサイトの場合も多くあります。

退会したはずのSNSや、ログインIDを忘れてしまったブログサイト等が検索エンジンに認識されているケースです。

このような場合は、過去のメール履歴からログイン情報を探したり、運営元に問い合わせてログインできるよう手配する方が早く解決できるでしょう。

Googleへ削除のリクエストを送る

Googleへ削除申請をする

検索エンジンに表示される情報を消すには、検索エンジンへ削除依頼をする方法もあります。

サイト管理者が削除に応じてくれなくても、検索エンジンに認識されないようにすれば風評被害を防ぐことができます。

サイト管理者の対応によらず、Googleに直接対応してもらえるので、削除の規定を満たしていれば解決できる可能性が高いです。

Googleの削除申請は2つの方法がある

Googleへ削除申請を行う方法は2つあります。

住所など、個人のプライバシーに関する情報が書かれている場合は、個人情報として削除依頼をできます。

また、名誉毀損など法的に問題があるページには別で依頼フォームが用意されています。

自分はどちらのケースに当てはまるかを確認し、正しく申請をしましょう

画像が表示される場合

自分の名前を検索すると、身に覚えのない写真が表示されて困っている場合もあると思います。

名誉毀損等に該当する内容の削除請求とまでは言えませんが、Googleのキャッシュを削除する方法があるのでご紹介します。

自分の画像を表示させないようにする手順は以下の通りです。

画像のURLをコピーする

まずはじめに、Googleの画像検索から削除したい画像を表示します。

表示された画像を右クリックをして「リンクのアドレスをコピー」から画像のURLを取得しましょう。

リクエストを行う

画像のURLがコピー出来たら削除リクエストに移ります。

以下のリンクにある「古いコンテンツの削除」から、保存したURLを送り「削除をリクエスト」をクリックしましょう。

リクエスト用のリンク

上記の削除申請は、あくまでGoogleからのキャッシュを削除する申請です。

画像そのものの削除請求ではないので注意しましょう。

Yahooの削除はどうすれば良いのか

Googleの削除依頼について紹介してきましたが、Yahooの検索結果はどうすれば良いのでしょうか?

結論として、Yahooの検索エンジンはGoogleの検索結果からデータを取得しているため、Googleで削除ができるとYahooでも表示されなくなります。

Googleで申請を行えばYahooも同時に解決できるのです。

自分では削除できない場合

自分では削除できない時は

検索エンジンに表示される自分の名前を削除する方法について紹介してきました。

しかし、サイトの管理者やGoogleが必ず削除申請に応じてくれるとは限りません。

紹介してきた方法で削除できない場合の対処法も紹介します。

弁護士へ依頼する

まずは弁護士へ依頼することです。

サイト管理者へ直接連絡をして応じてくれなくても、法的に争う余地があり弁護士を通じて連絡すると削除に応じて貰える場合もあります。

また、任意での削除に応じて貰えなければ仮処分の申し立てにより削除出来るケースもあります。

自分からの連絡では削除できない場合は、弁護士への依頼も検討しましょう。

逆SEO対策を依頼する

削除ではありませんが、逆SEOと呼ばれる施策もあります。

逆SEOは、対象のページを検索エンジンで目の付きにくい所に押し下げる方法です。

検索結果で人の目に付くのは、1ページ目に表示される10位までで99%を占めると言われています。

そのため、自分の名前が出ているページを2ページ目・3ページ目に押し下げることで限りなく人の目につく機会を減らすことができます。

逆SEO施策は専門性が求められる施策となるので、業者へ依頼をして対策しましょう。

必要以上に気にし過ぎない事も大切

検索エンジンでの削除方法を紹介してきました。

しかし、必要以上に気にしないことも大切です。

メディアやSNSなどで認知度が高い人ならまだしも、一般人の名前を検索する人は自分を除いてごくわずかしか居ません。

自分の名前を検索して良くない情報が表示されたとしても、そもそも自分以外の人は検索すらしていない場合も多くあるのです。

ネット上には無限に情報があり、全てを綺麗に保つのは困難です。

検索する人の数を考え、お金や労力をかけて対策すべきなのか冷静に考えることも大切と言えるでしょう。

検索エンジンの削除方法まとめ

検索エンジンから自分の情報を削除する方法まとめ

本記事では検索エンジンに表示される自分の名前に紐づく情報の削除方法を紹介してきました。

ネットであらゆる情報が手に入りやすくなった一方で、自分としては表示して欲しくない情報が検索結果に出てしまう事態も起きています。

特に、名誉を傷付ける情報や事実無根の悪口の場合は、仕事やプライベートにも悪影響を及ぼす問題であり、対処が必要です。

投稿されているサイトや内容に応じて正しい手順で削除を行いましょう。

風評・誹謗中傷対策のご相談、お見積りは無料です

ネットの誹謗中傷、風評対策のプロがお悩みを伺います。

風評サイトやサジェストのお悩みのほか、SNSや口コミサイトの監視など、幅広くご対応可能です。

監修者
法律事務所アルシエン 共同代表パートナー

清水 陽平

清水陽平弁護士
2007 年弁護士登録(旧60期)。2010 月11 月法律事務所アルシエンを開設。 インターネット上で行われる誹謗中傷の削除、投稿者の特定について注力しており、Twitter、Facebook、Instagramに対する開示請求について、それぞれ日本第1号事案を担当。 主要著書として、「サイト別 ネット中傷・炎上対応マニュアル[第3版]」(弘文堂)、「企業を守る ネット炎上対応の実務」(学陽書房)を出版している。