サジェスト・関連

Yahoo!サジェスト・虫眼鏡の違いとは?Googleとの違いや風評被害の対応法まで解説

スマホで検索する人

Yahoo!やGoogleで検索をする際に検索窓の下に出てくるワード一覧を見たりクリックしたことがある方も多いのではないでしょうか?これらはサジェストと呼ばれ、ユーザーが利用しやすいように検索エンジンが提供している機能です。

会社名やサービス名、もしくは個人名で調べた際に、ポジティブなワードが出るなら良いのですが、まれにネガティブなワード(ブラック、パワハラ、事件、噂、等)が出現する時があります。もし会社名や自分の名前でネガティブなワードがでていたら、非常に不安・焦りを感じるかと思います。

この記事では、サジェストとはどういう仕組みなのか、サジェストにネガティブなワード(以下、風評ワード)が出ている際にはどうしたらいいのか、Yahoo!・Googleの検索エンジン別に解説していきます。

問い合わせフォーム

そもそもサジェスト・虫眼鏡とは?

サジェストや虫眼鏡の違いがわからない人

みなさん何か検索したいときに、Yahoo!やGoogleの検索窓で調べたいことを入力すると思います。その際、入力したワードに関連するワードが検索窓の下に出てきたり、あるいは検索したあとの検索結果の最上部・最下部にも、関連するワードが表示されていることがあります。

その部分をサジェスト、虫眼鏡(Googleの場合関連検索)と言い、ユーザーが欲しい情報に早く辿り着けるように検索エンジンが提供している検索補助機能になります。実はYahoo!とGoogleで各箇所の呼び方の違いがあったり、表示される仕組みが異なっているため、出現するワードも別々だったりします。ここからは、Yahoo!とGoogleそれぞれの違いを説明していきます。

Yahoo!サジェストについて

Yahoo!のサジェスト

こちらがYahoo!のサジェストと呼ばれる部分です。よく検索されているワード、入力したワードと関連のあるワード、もしくは入力したワードと合わせてよく調べられているワードが出現しています。こちらはYahoo!内での検索データやYahoo!の仕組みロジックに基づいて表示されているため、Googleとは出現するワードが異なります。また、PCで見た時とスマホで見た時で、表示されるワードが異なっている場合もあります。

検索量によって表示されるワードが変わるため、ニュースや事件など一時的に話題になっているワードも反映されやすい傾向があります。

Yahoo!虫眼鏡について

Yahoo!の虫眼鏡(下段)
こちらがYahoo!の虫眼鏡と呼ばれる部分です。ワードの横に虫眼鏡マークがついているので、そう呼ばれています。何らかのワードを検索した後の検索結果最上部と最下部に出現します。サジェストと同じく、多く検索されているワードや、検索したワードと関連性があったり、一緒に良く調べられているワードが出現します。

また、Googleにも同じ箇所がありますが、サジェストと同じく表示ワードはYahoo!内のデータと仕組みロジックに基づいているので、Googleとは異なるワードが出現します。

Googleサジェストについて

Googleのサジェスト

こちらがGoogleのサジェストと呼ばれる部分です。Yahoo!と同じく、検索量や、入力したワードと関連のあるワード、もしくは入力したワードと合わせてよく調べられているワードに基づいて出現していますが、それ以外にもGoogle独自の特徴があります。

  • 自分が過去に行った検索に関連するもの
  • 自分が検索している地域に関連するもの

というものです。過去に行った検索とは、自分が過去に検索した履歴に基づいて、ユーザーが興味を持ちそうな関連ワードをGoogleが予測して出現させる機能です。

検索している地域に関連するものとは、自分が検索したエリアに関連するワードを出現させる機能です。例えば、東京都五反田で「居酒屋」で検索すると、五反田付近のお店に関するワードを優先的に表示されたりします。

Yahoo!と異なっている点として、検索量に加えて、個人の検索傾向に合わせてや、検索場所によっても、表示ワードが異なる仕組みになっている点です。

Google関連検索について

Googleの関連検索

こちらがGoogleの関連検索と呼ばれる部分です。Yahoo!の虫眼鏡と違い、検索結果の下部にのみ出現します。また、サジェストとは全く違う仕組みロジックで表示されているため、表示されるワードも全く違います。入力したワードと関連のあるワード、もしくは入力したワードと合わせてよく調べられているワードの他に、検索ワードで表示されるWEBサイトで頻繁に出現するワードも表示される仕組みロジックになっています。

なので検索量や検索行動だけでなく、検索結果のデータも含めて表示ワードが決まっています。また、表示される数もサジェストは最大8つなのに対して、関連検索枠は10と2枠多いです。(2020年8月27日時点)

Yahoo!とGoogleの変動頻度について

ワードの変動には一定の周期があることがわかっています。Yahoo!はサジェスト、虫眼鏡ともほぼ毎日、微妙にですが出現するワードが変わっています。Yahoo!内のコンテンツであるYahoo!ニュースなど、直近で話題になっているものを反映させるものが多いので、Yahoo!サジェスト・虫眼鏡もワードの更新頻度が高いのかもしれません。

Googleはサジェストと関連検索枠で変動頻度が異なります。サジェストは平均2週間に1回ほど、関連検索枠は半年に1回ほどとなっています。Googleの方が長期的に検索量や検索傾向を分析していると考えられます。

箇所 平均変動頻度
Yahoo!サジェスト 毎日
Yahoo!虫眼鏡 毎日
Googleサジェスト 2週間に1回
Google関連検索 半年に1回

サジェスト周りで出現する風評ワードの対応について

炎上している様子

Yahoo!・Googleともサジェスト、虫眼鏡(関連検索)は、検索する際の一番最初の部分なので、ユーザーからの視認性が非常に高いです。そのため、風評ワードが表示されていると、ユーザーに悪い印象を与えてしまい、企業であれば営業活動や採用活動において影響しますし、個人の場合は生活する上で影響が出る場合もあります。

また、ユーザーが良く調べている場合などは、事実と異なっていても表示されるケースもあります。こういった風評ワードが出ると非常に焦ると思いますが、適切な対応をとれば非表示にできることもあります。

風評ワードの削除について

Yahoo!・Googleのサジェストに表示される風評ワードは、削除が可能な場合もあります。もし、事実無根・かなり過去のことなどの理由で、削除したい風評ワードが出現している場合は下記の方法で対応してください。

自分で申請する

申請フォームを通じて風評ワードの削除申請を自分で行うことができます。削除の根拠・理由をできる限り具体的に記載して、下記の申請フォームから問い合わせてください。全ての申請を通してくれるわけではないですが、試してみる価値はある部分になります。

弁護士に依頼する

自分で削除申請を行うのが不安だったり、削除の確率を上げたい場合は弁護士に代理申請を依頼してください。法律の観点から削除に該当する根拠を整理して申請してもらえるため、自分で行うよりは(ケースにもよりますが)削除の可能性が高くなる場合があります。

弁護士に相談する際のポイントとしては、WEB案件の実績のある弁護士を選ぶことです。弁護士にも得意分野があるため、WEB案件の実績がある方に話を聞きましょう。

サジェスト汚染はなぜ起こる?サジェストの仕組みや削除方法を解説
サジェスト汚染はなぜ起こる?サジェストの仕組みや削除方法を解説【弁護士監修記事】サジェスト汚染を放置していませんか?サジェスト汚染をそのままにしておくと怖い理由や、既にお悩みの方向けの「個人でもできる汚染されたサジェストの削除申請方法」を教えます!...

削除ができなかった場合の対応方法

全ての申請が通るわけではないので、申請が通らず削除されないケースもあります。その場合でも、風評ワードを非表示にできる可能性がある対応方法があります。

情報量を増やす

サジェスト・虫眼鏡(関連検索)では、検索量の多いワードは表示されやすいため、大きな事業関連のニュースのプレスリリース配信を行ったり、SNSやオウンドメディアで情報発信することで、ニュース関連のワードが上昇すれば、相対的に風評ワードが押し下がる可能性が高くなります。また、SNSなどでバズるような投稿などがあった場合でも、投稿内容に関連するワードが上昇するケースもあります。

自社で積極的に情報発信を行っていくことで、WEB上の情報を上書きすることができれば、結果風評ワードを非表示にできる可能性があります。

対策会社への依頼

自社で情報発信を行っても、サジェストに反映させるのは非常に難しいですし、かなり工数もかかります。そういう場合は、サジェスト対策の企業に相談するのも1つの手段です。そもそも、削除したいワードがどのくらい検索されているのかを調べてもらえたり、実際に非表示のための対策を行ってもらうこともできます。

風評ワードが検索されている回数がわかるだけでも安心できますし、検索数が少なければ放置しておくという判断もできます。その上で非表示にしたいと考えた場合には、非表示対策の実施を相談・検討することができます。

その際は、複数社の話を聞くことをおすすめします。業者によって、状況の捉え方や考え方も異なるので、1社だけでなく複数の話を聞いた上で、対応を決められるのが良いと思います。

まとめ:サジェスト・虫眼鏡はYahoo!とGoogleで異なる

専門家に相談する人

Yahoo!サジェスト・虫眼鏡、Googleサジェスト・関連検索に関して、表示される仕組みの違いや、風評ワードが出ていた際の対応方法を書いてきました。ポイントをまとめると

  • Yahoo!サジェスト・虫眼鏡は多く検索されているワードが表示されやすい
  • Yahoo!サジェスト・虫眼鏡は毎日ワードが変動している
  • Googleサジェストは多く検索されているワードに加え、個人の検索履歴や検索地域も考慮したワードが出る
  • Google関連検索は、サジェストの仕組みロジックに加え、検索結果の傾向も影響する
  • Googleサジェストは2週間に1回・Google関連検索は半年に1回ほど変動する
  • サジェスト周りに、風評ワードが出ることがある
  • 風評ワードは、全てではないが削除申請で削除できることがある
  • 削除ができなくても、情報発信や対策会社に相談することで非表示にできる可能性がある

もし会社名や個人の名前で風評が出ていた際には、削除の対応を行ったり、早めに専門家に相談してください。

お問い合わせはこちらから

ご要望の内容 必須

お名前 必須
会社名 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
お問い合わせ内容

お客様からお預かりした情報は、弊社からの情報提供やご回答の際にのみ使用し、
その他の目的で使用したり、無断で第三者へ提供することはございません。
個人情報および、お送りいただきました内容の秘密は厳守いたします。

風評・誹謗中傷対策のご相談、お見積りは無料です

ネットの誹謗中傷、風評対策のプロがお悩みを伺います。

風評サイトやサジェストのお悩みのほか、SNSや口コミサイトの監視など、幅広くご対応可能です。

監修者
法律事務所アルシエン 共同代表パートナー

清水 陽平

清水陽平弁護士
2007 年弁護士登録(旧60期)。2010 月11 月法律事務所アルシエンを開設。 インターネット上で行われる誹謗中傷の削除、投稿者の特定について注力しており、Twitter、Facebook、Instagramに対する開示請求について、それぞれ日本第1号事案を担当。 主要著書として、「サイト別 ネット中傷・炎上対応マニュアル[第3版]」(弘文堂)、「企業を守る ネット炎上対応の実務」(学陽書房)を出版している。